バーミンガム🇬🇧✨

数日でしたがバーミンガムに来ていました🇬🇧


小さい頃から憧れのお姉さんだった佐久間 奈緒さんと、Chi Caoさんのバーミンガム ロイヤル バレエでの最後の公演をみに行って来ました✨



2人の最後の舞台は私も大好きな「ロミオとジュリエット」

第三幕のロミオとジュリエットが別れを惜しみながら離れ、また墓場ですれ違いながら永遠の眠りにつくシーンは、20年以上一緒に踊ってきた2人の最後の舞台と重なり涙が止まりませんでした❤✨



カーテンコールは客席からみんな総立ちで拍手を送りました。

BRBディレクター、デイビッド・ビントレーさんのスピーチでは、2人が23年間カンパニーを引っ張り、またバーミンガムを始め世界中の人達に感動を与えてきたかという事を話されていて、また涙が…。この素敵な公演をみれたのは、とても特別なことでした💎✨


滞在中にはリハーサルやバレエクラスも見学させていただき、奈緒さんや泰雄さん、素晴らしいダンサーたちを間近で見ることができて楽しかったー❗

 建物のバックステージ側↓


この機会にバレエスクール時代の古い友人たちにも再会することができ、18年たっても学生に戻ったように優しくて素晴らしいみんなに感謝です☺🌸

本当にあっという間の夢のような数日。

この気持ちをスタジオに持ち帰って、子供たちのトレーニングにも活かせたらと思います!

また書ききれなかったこと、次回アップします😉♪♪

その他 | - | - | - | -
entry_bottom
シルク・ド・ソレイユ「KURIOS」🦄

少し前になりますが✨

シルク・ド・ソレイユ「KURIOS」感動を再び😝❗



Cabinet of kuriosities✨✨

唯一の日本人キャスト、クララ役の池田 一葉ちゃんが出演するキュリオス。

I'm a big big fan of Kazuha Ikeda as Clara❤

ゴールデンウィークに東京にみに行きました✨

実はみさせてもらうのは2回目で、今回はバックステージのスクリーンから。


前回購入したパンフレットを熟読して行ったので、また新しい楽しみが。あっこんなところにもクララがでてるー❣とか🤗


手のオブジェの上で繰り広げられるコントーションはほんとに芸術的✨


涙が出るほど美しくて大好きなエアリアル・ストラップ✨

1番衝撃を受けたローラ・ボーラ✨

そして物語の主人公の博士💡


バックステージでまた感動と緊張で終始どきどきしてた私ですが、一葉ちゃんを始めみんな気さくに接してくれて、さらにキュリオスが大好きになりました🎪❗

1日2公演終えたあとに、メイクのままハードな筋トレに励むキャストたちを見てびっくりしてしまいました。あの彫刻のような体はここから作られるのねー😳💦


まだみてない方は「KURIOS」、福岡には来年2月15日(金)〜3月31日(日)に来ますよ!!

ストーリーを展開させていく重要な役クララを演じる、池田一葉ちゃんの半分ロボット半分人間という素晴らしい演技にも注目してぜひみに行ってください😘


1回目にみに行ったときの写真ですが、Tシャツとプログラムは宝物💎一葉ちゃん最高


キュリアスをみて、映画「The Greatest Showman」も2回目観に行ってしまいました〜。映画もおすすめ


夢の世界をありがとう🤹❣

福岡に来たときにはまたみに行きまーす❣❣

その他 | - | - | - | -
entry_bottom
ロンドン留学
冬休みに、京都バレエに行っている、りさちゃんがスタジオに帰ってきました!

久しぶりにレッスンに来てくれて、みんな嬉しそう。


りさちゃんは、来年の9月からロンドンのセントラル バレエ スクールに留学する事が決まりました。

1番小さかった彼女が、私もいた同じロンドンでバレエを学んでくれると思うととっても嬉しいです。
目標に向かって大きく羽ばたいてね。

みんな楽しみに待ってるよ!
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
コントーション
久しぶりにコントーションを学びに行きました!

コントーションは、サーカスなどで見る柔軟芸のこと。
背中って、なかなか自分ではストレッチしにくいの場所なので、久しぶりに行ったらやっぱり硬くなっていました。

首や肩甲骨、背中、足の付け根前などのストレッチを先生が手伝ってくれると少しずつ伸びていきます!



柔軟性はバレエにも重要なので、ストレッチのやり方などとても勉強になります。
継続が大事ですね。

次回はもう少し間をあけずに行こうと思います!!
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
雨に唄えば
楽しみにしていたミュージカル「雨に唄えば」を、見に行ってきました!



歌うアダムクーパーを見るのは初めてだったし、コズモ役の俳優さんも素敵で、とっても楽しかったです。

土砂降りの雨のシーンすごーい。

家に帰って、ジーンケリーが雨の中で歌うシーンを改めて見てまた感動しました。

I'm singin' and dancin' in the rain…
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
映画『ANNIE』見てきました
ずっと気になっていた映画
『ANNIE』

やっぱり涙ありのとっても楽しい映画でしたー♪
元気がでた〜

市長候補役のJamie Foxxの声が素敵すぎました。アニーとのデュエットも涙がでそうに。
アニー役の女の子はどこかで見たことあると思ったら、「ハッシュパピー バスタブ島の少女」の女の子だったんですね。かわいい!
ハッシュパピーもすごく良い映画だったので、ぜひ見てみてください☆
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
The Sense of touch
文化庁メディア芸術祭で素敵な映像作品をみました

The Sense of touch


オリジナルは15分程の作品。
実際のダンサーからアニメーションの動きをとっているようですが、ダンスもアニメーションもすごく素敵で心に残りました。フルで見てほしい!
映像クリエイターもダンサーです

メイキング映像
ここのサイトから見れます↓
http://cargocollective.com/lesensdutoucher/Making-of

その他 | - | - | - | -
entry_bottom
バベル BABEL(words)
舞台「バベル」を見に行ってきました!!

コンテンポラリーダンスの振付家、 Sidi Larbi Cherkaoui(シディ・ラルビ・シェルカウイ)とDamien Jalet(ダミアン・ジャレ)による最新作「BABEL(words)」

前回見た「戦火の馬」に引続き、またも感動で涙がでそうになりました。

作品の簡単な内容をシアターオーブのHPから…

「バベル(ことば)」とは旧約聖書の「バベルの塔」の物語に由来。
民族、テリトリー、様々な言語、国家のアイデンティティといった問題が、鋭く、時にはユーモラスに、10以上の国々から参加する多国籍なダンサーとミュージシャンらによって描かれる。彫刻家アントニー・ゴームリーによる5つの大きな直方体フレームの舞台装置が、パフォーマーたちによって次々とフォーメーションを変え、領土、陣地、自室、リングなど、自と他を分かつ見えない壁や境界となる。「Foi」「Myth」に続くシェルカウイ三部作の完結編。


舞台装置の使い方、演出も素晴らしかったし、各国から集まったダンサー一人一人の持つ実力、個性、パワーが本当にすごかった!
彼らの解放された踊りにただただ感動してしまいました。日本人の上月一臣(Kazutomi Kozuki)さんもすごい存在感でした。みんなマイクを着けながら踊っていたのですが、喋れるし演じれるし、歌うしオールマイティー!すごくアーティスティックな作品でした。

音楽も民族色の強いものだったので、エキゾチックで神秘的で、心の深いところにスーっと入っていくようでした。
作品が訴える問題は複雑ですし、哲学的な考えがたくさんでてきました。でも素敵な言葉や表現もたくさんでてきて、一番大事なことは伝わった気がします☆

何か問題が起きたときには、片手の手のひらを開いて「forgive me」…
すごく印象的でした!!
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
芸工パフォーミングアーツ・プロジェクト
九州大学大橋キャンパスで開催している、芸工パフォーミングアーツ・プロジェクト。
今週から始まり、私も勉強したいと思い参加しています!

パフォーマー、舞台技術者、プロデューサーの参加者たちが一緒に講義を受け、共同制作に向かうというおもしろい企画です。講義内容は芸術、工学、マネジメントの3分野から。

◆第1回目のレクチャーは作曲家の先生によるお話でした。
パフォーミングアーツとは何か。ピナ・バウシュのことについてもふれていました。作曲家とパフォーマーではやはり少し捉え方が違うようで、それも面白かった。
それから私が興味があるのが、デジタルアート。福岡の制作会社の方もプロジェクトに参加されてるようで楽しみです!

◆一昨日の第2回目は音響について。
工学のレクチャーだったので複雑な計算式がでてきたりびっくりしましたが、響きをとらえるという内容でした。
後半には大学院内にある、無響室、残響室、樽型の中にスピーカーが張り巡らされてるいる空間等を見学させてもらいました!この中でいろいろな測定をするそうです。
無響室とは音の響きをほぼ無くした部屋で、床が鉄格子になっていたのでちょっと高所恐怖症になりそうでした。耳の感覚的には飛行機中で圧が変わってピーンとしたような感じ。長時間いると発狂しそうになるそうです(笑)

さて明日は第3回目のレクチャーです。

参加者の年齢層が思っていたより高く少し心細いのですが、様々な分野の方たちと知り合えるのも楽しみ。
久しぶりにキャンパスでお勉強というシチュエーションも楽しんできます(^^)/
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
舞台「WarHorse」
久しぶりのブログです!

昨日、渋谷ヒカリエの東急シアターオーブで「WarHorse」というイギリスの舞台を見に行ってきました。


あまりに素晴らしくて涙が何度も溢れました!

イギリスの田舎町の雰囲気も懐かしい気持ちになりましたし、独特の歌も胸にぐっときました。
そして何よりパペットが素晴らしい。

どれだけ本物の動きに近いんだろう?…と思っていましたが、そうではなく、あれはパペットだからさらに良いのですねー。でも本物みたいです☆ アヒルも最高(笑)。イギリスらしい〜

ステージワーク、装置・演出すばらしいですね。フレームで作られた戦車も印象的でした。色使いとかアートです。本当に感動が止まりませんでした!

映画「戦火の馬」はスピルバーグがこの舞台をロンドンで見てインスパイアされ、映画化したみたいです。

公演は8月24日までです。機会があれば、ぜひ見に行ってみて下さい♪
WarHorse オフィシャルホームページ
http://warhorse.jp/sp/
>
その他 | - | - | - | -
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search